QPゲームズ

おすすめゲーム攻略

ゲームレビュー

スマブラSP低評価とかどうなってんの。レビューが完璧主義すぎるよ…

2019/11/09

大乱闘スマッシュブラザーズスペシャル攻略

スマブラSPのアマゾン評価がひどいことになっています。

もうね、地獄すぎ。

今作さんざん遊んでますが、この作品が星1とか本当にありえない。

遊んでても作り手の情熱をすごく感じる作品だし、単純にボリュームを見ても過去最高クラスです。

こんだけ製作費をかけて優秀なスタッフ大勢で作ってるゲームってどれだけあるの。

そんな作品が星1です。

もちろん製作費が高い=星5では決してないし、各人の主観もあるでしょう。

でもこのクラスの完成度でこのレビュー評価はさすがに低すぎる。

広告

スマブラの各国の評価

参考に各国Amazonの評価を見てみましょう。

アメリカのスマブラ評価

イギリスのスマブラ評価

オーストラリアのスマブラ評価

カナダのスマブラ評価

ドイツのスマブラ評価

フランスのスマブラ評価

スペインのスマブラ評価

メキシコのスマブラ評価

イタリアのスマブラ評価

この通り、軒並み高評価です。

 

ここでもう1回日本を見てみましょう。

 

日本のスマブラ評価

日本のアマゾンくらいなんですよ、こんなに低評価なの。

同じゲームなのに、あまりにも日本だけ評価が違いすぎます。

原因はなにか?

もちろんレビュアー=日本人の国民性にあるでしょう。

広告

日本のレビュー…他人に厳しすぎない?

スマブラだけじゃない。日本だけ低評価の大作はこんなにある

近年のゲームで海外との評価が大きく食い違うゲームはたくさんあって、例えば

  • MGS5
  • 龍が如く6
  • FF15

など、国産の大作が多いですね。

この中だと私はFF15以外は遊びましたが、間違っても星1を付けられるような内容じゃなかったです。

MGS5はアクションの出来、ストーリーの出来、システムなどが素晴らしくよくできている。

龍が如くは刷新したエンジンと広島の再現度、先が気になるストーリーなど魅力にあふれたゲームでした。

もちろん欠点もあるけど、すべてをかき消すほどの物なの?

なにか一つ気に入らないと星1にするクソレビュアー多数

低評価レビューを見ていると、減点形式レビューの多いこと多いこと。

  • MGS5はストーリーが未完だから星1!!!
  • 龍が如く6はストーリーの結末がクソだから星1!!!

お前らの目は良かったところが一つも見えない節穴なのかよ!?と言いたい。

良いところをすべて無視するかのような曇った目で不平不満だけは一丁前に書き連ねる。

長所より短所を探すのが得意みたいな奴が多すぎます。

ようするにレビュアーのレベルが低すぎる

と思うんですよ。

そういう人に限って、自分自身が攻撃されると弱いし、そもそも何も創れない人なので攻撃されることも一生ないというね。

石を投げるだけの人。

しかも悪い評価が呼び水になって、最新のまで悪いレビューが続いてますね。

ここらへんも日本人の国民性の悪いところが出てしまっている。

負のバンドワゴン。付和雷同。

バンドワゴンに乗る」とは時流に乗る・多勢に与する・勝ち馬に乗るという意味。

広告

いいところ見てフィードバックしよ?

この記事で言いたかったのは「海外サイコー、日本人はクソ!」っていうことじゃないんですよ。

自分も日本人だし。

「海外に合わせろ!」ってことでもない。

そうじゃなくて「もっといいとこに目を向けて、褒めて伸ばそうよ」ってことです。

アマゾンレビューってもはや開発に携わったチームの人も確実に見てるだろうから、悪いところがあったとしてももっと伝え方ってのがあると思う。

これ以上日本の製作者を殺さないで

ご存知の通り、日本のゲーム業界は衰退しています。

そんな中、踏み止まってくれているゲームや制作陣をぶっ殺してどうするの?

作っている人も人間だし、低評価には心を痛めていると思います。
仕事だから続けるだろうけど、モチベは下がるはずです。

ディレクターの桜井さんとか本当すごいですよ。
あれだけアンチコメントがついても素晴らしい作品を作り続けている。

エッセイとか見てもゲームへの情熱や態度が並ではないのが伝わってきます。

最新版のも読みましたが、スマブラSP制作の話が多いのでぜひ読んでみてください。

桜井政博のゲームについて思うこと 2015-2019

桜井政博のゲームについて思うこと 2015-2019

桜井 政博
1,650円(02/22 05:47時点)
発売日: 2019/04/25
Amazonの情報を掲載しています

日本は不況だし少子高齢化やブラック企業問題とかで社会が暗くなっています。

人々の心に余裕がなくなってきているのかもしれませんね。

広告


-ゲームレビュー