QPゲームズ

おすすめゲーム攻略

ゲームレビュー

遊戯王 最強バトルロイヤル評価レビュー。貧弱なカードプールとUI

2021/09/19

遊戯王ラッシュデュエル 最強バトルロイヤル!!

スイッチで発売された「遊戯王ラッシュデュエル 最強バトルロイヤル!!」をクリアしたので感想を書いていきます。

全体としてはややネガティブ寄りの評価となります。

→こちらもおすすめ
遊戯王最強バトルロイヤルの裏技やコードまとめ

広告

結論:久々の遊戯王ゲームとしては及第点

まず結論から言ってしまうと、
本作は最初の数時間はそれなりに熱狂して遊べます。

肝となるラッシュデュエルはゲーム内で完全に再現されており、デュエル部分はそこそこ整っています。

遊戯王ラッシュデュエル 最強バトルロイヤル

クソゲーではないと思います。
普通に楽しめる。最初の数時間は。

広告

本作の良いところ

初心者でも一人でラッシュデュエルが始められる

本作では、ラッシュデュエルどころか、カードゲームをまったくやったことがない人でも、丁寧すぎるチュートリアルでルールを一から学ぶことができます。

コロナ禍の今、家で一人でデュエルが始められるのは嬉しいところ。

それなりの完成度があるデュエル部分

デュエル部分は一作目と考えれば、そこそこの完成度があります。

操作性はおおむね快適で、スムーズにデュエルを楽しむことができるはず。ただ問題がないわけではないです(後述)。

キャラクターボイスや演出が豊富

デュエル中のボイスや演出も雰囲気を盛り上げます。

ボイスはバリエーション豊富で、切り札カードや勝ち負けのシチュエーションによっても台詞が細かく用意されています。さらに特定のキャラ同士で掛け合いかなんかもあって楽しい。

特別な一部モンスターには召喚時にムービーが流れます。

遊戯王ラッシュデュエル 最強バトルロイヤル

どれもなかなか出来がよく、かっこいいです。

これらはもちろん設定でオフにすることも出来、ゲームテンポをあげることが可能です。

広告

本作の良くないところ

黎明期ゆえのカードプールの貧弱さ

本作の致命的な欠点がカードプールの貧弱さです。

ラッシュデュエルが始まったのは2020年。今作は2021年発売なので収録カードは約350種類しかありません。タッグフォースが1万種類以上なのを見ても厳しいと言わざるをえません。

本作はまさにOCGが始まったばかりの原始時代をなぞっているところ。「攻撃力を200アップするだけのフィールド魔法ですらやや強い」といえば、いかにカードプールがしょぼいかが伝わるでしょうか。

各キャラクターは一応それぞれの専用テーマらしきものを持っていますが、いかんせん数が足らなすぎて体をなしていません。その辺のモブも使用カードがかぶりまくり。どのデッキも似たりよったりです。

やっとこさ使い物になるレベルのテーマが遊我の【魔法使い族】とルークの【ドラゴン族】くらいで、実際にこれらが本作最強クラスのデッキです。

序盤のデッキが今作最強

大体のテーマが数枚の[主力カード]と[雑魚バニラ]の混成で、サーチャーやリクルーターを導入しないというラッシュデュエルの精神も相まって、戦術はどれも「フィールド魔法でバフして殴る」という域を出ていません。

収録枚数350枚というとそれなりの数に聞こえそうですが、下位互換の雑魚バニラ多数に、《火の粉》といったどうしようもないカードを多く含有しており大半は紙くずです。リアルのカードでもそんな状況が続いているようです。

デッキ編集の不自由さ

本作はメインをクリアするまでデッキ編集が一切行えません。クリアまでは大体10時間程度なのですが、その間は用意されたデッキしか使えません。

クリア後にやっと解放されるデッキ編集

この調整は本当に謎で、道中で手に入れた新しいカードで少しずつデッキを強化していくという、TCGゲームにおける楽しみを明らかに殺しています。

またデッキがいじれるようになっても、カード収集には時間がかかります。カードパックの販売価格が高い上、デュエルで得られる金額もわずかなためです。レア出現率も渋すぎる。

上記二点によって、TCGゲームではありえないような不自由さを感じます。

サービス精神か水増しかわからないいくつかの要素

本作にはいくつかのカスタマイズ要素がありますが、どれもぎこちない出来。

  • まったく無意味な称号システム
  • 大量のデッキケース
  • 大量のプロテクター
  • プレイフィールド
  • アイコン
  • めんどくさい水増しミッション

どれも数だけはたくさんあるのですが、条件がめんどくさい割に大したメリットもありません。

デッキケースのデザインや、プレイフィールドは2種類の絵を組み合わせられたりとサービス精神は感じるのですがやや空転しています。

子供だましのストーリー

ストーリーは投げやり感が否めません。
一つ一つが特に凝った内容もなく、「モブとデュエルを何回か繰り返してボス」という同じ流れの繰り返しです。

ラーメン小僧や巻き寿司少女のキャラクター使い捨て感に、スカスカのステージ。

終盤は無駄に広いだけのマップで、なんの個性もない使い回しのゴーハ兵と3連戦。

遊戯王ラッシュデュエル 最強バトルロイヤル

遊戯王ラッシュデュエル 最強バトルロイヤル

「まあ、大人の事情ってやつだ。」

対象年齢となる子供なら楽しめたのでしょうか。

本作はマップを歩き回れるのですが、探索要素もないためメリットがほぼありません。

話しかけられるキャラも少なく、モブは使い回し。

遊戯王ラッシュデュエル 最強バトルロイヤル

色違いクソモブ3体

私は原作アニメを観ていないんですが、これだったら思い切ってデュエル部分に全リソースを回してほしかったです。

UIは改善の余地が大いにある

本作のUIは痒い所に手が届かなすぎ。モッサリとひっかかるようなキーレスポンスは誰も幸せにしません。

以下のところは改善希望。

  • 独特なデッキ編集画面
  • カード検索画面へのアクセスが遠い
  • 条件指定の並びがおかしい
  • 検索条件の初期化がない
  • ショップで所持枚数が表示されない
  • スクロール全般が不便
  • 墓地のデフォルトが古い順
  • 使い道のわからないデュエルログ
  • 相手ターン中にカードを確認できない

頻繁に使うカードの処理は、特に洗練してほしいところ。

例えば《ダーク・リベレイション》。
墓地のカードを4枚指定するのですが、選ぶたびに十字キーでカーソルを移動させる必要があります。

TFだと同じような効果でももっとスムーズで、選ぶたびにカーソルが自動で右にずれてくれます。指定済みのカードは自動で飛び越えてくれる。最後まで指定し終わると「決定」ボタンに自動でカーソルがいくので、プレイヤーは十字キーに一切触れることなく、ワンボタンで操作を完了することができます。こういった細かいところのユーザビリティを突き詰めてほしい。

デュエルゲーだからこそ、デュエル画面のUIは洗練させてほしい。

遊戯王ラッシュデュエル 最強バトルロイヤル

だめなUI:スクロールが多い&遅い

デュエル部分のUIは、すでに『タッグフォース』という手本にすべき完成形が存在します。徹底的に参考にしてほしい。開発コストも削減できるしwin-winなはず。

広告

その他気になったところ

あとは箇条書きで。

  • ロードが絶妙に長い&多い
  • 考え中に相手がボイスでせかしてくる
  • CPUの思考があまり良くない
  • ジャンケン毎回めんどくさい(オート希望)

ここらへんはデュエル部分が良ければ全然許容範囲です。

新しい遊戯王ゲーの第一歩。ここから積み上げていけるか

いろいろと問題はあるものの、遊戯王ゲーム復興の兆しは感じさせてくれる内容でした。

クソゲーかというとそんなことはなく、単調さを感じ始めるまでは十分に楽しめます。カードプールの貧弱さも世代を経れば解決するはず(続けばですが)。

遊戯王ゲーは出来さえ良ければ特典がクソでもちゃんと評価されます。それはTFという偉大な先駆者が証明しています。ラッシュデュエルの繫栄と共に、二作目以降の改善を期待します。

改善要望はここからコナミに送りましょう。私も送りました。ツイッターで愚痴ってるだけでは次につながりません。
KONAMI公式お問い合わせぺージ

こちらの記事もおすすめ
遊戯王タッグフォースの素晴らしさを語る。今こそ続編を

広告


-ゲームレビュー
-,